BRAND STORY 

miru.

「人馬一體」という言葉
「駅」、「馴」、「駿」...
数々の馬偏を 含む漢字の存在
馬と共に歩んできた日本の歴史

ロゴのモデルは在来馬
この馬はじっと何かを見ている

人馬にとって優しい馬具とはなにか
たどり着いたのは縄文鞣しの「鹿革」を使うこと

それは決して新しいものではなく
私たち日本人の伝統的な技がつまったもの
自然の循環が生み出したもの

先人たちの知恵から生まれた馬具メーカー "miru."

馬具事業部 

miru.の馬具.

軽くて柔らかい人馬に優しい馬具の答え。
約千年前の飛鳥時代から
高級な武具を中心に用いられてきた、
縄文鞣しの鹿革を使うこと。

この革は、アロマ効果によって集中力アップ、
人馬共にリラックスさせる。
防虫効果によりダニなどの虫を寄せ付けない。
他にも、防臭効果、防菌・防ウイルス効果、
空気清浄効果が実証されている。

「鞣し」とは「革」を「柔らかくする」こと。
「縄文鞣し」は鞣した革をさらに
時間をかけて再び、鞣す。
鞣革が出来上がるまでに、
約1か月以上もの歳月を必要とする。

日本の技が生んだ縄文鞣しの鹿革を、
あなたの愛馬に。

そして、あなたの暮らしに。

more…

Select事業部 

ペレットストーブ

miru.Select事業部のペットストーブmiru.pは
馬が降ろした間伐材からできた
木質ペレット燃料を使っている。

miru.の使命は
馬に優しい馬具をつくることだけでなく
誰もがSDGsに参加できる循環をつくること。
「ホントのコトを見る仲間」との繋がりを
つくること。

そして、震災に強い地域をつくること。

その想いから生まれたのが
miru.Select事業部。

南海トラフ大地震にそなえ、
日々の暮らしからスタイリッシュで、スマートに。
もしもの時も、普段に近い暮らしが送れるように、
システムをつくっておく。

それが、miru.Select事業部が考える
持続可能な循環型社会。

more…

News一覧ページ

Blog一覧ページ

アクセス株式会社miru. 馬具事業部/Select事業部


所在地
〒639-1058 奈良県大和郡山市矢田町1437
TEL/FAX
0743-58-5032/0743-58-5037
【電車をご利用の方】
近鉄橿原線 郡山駅より、タクシーで15分
JR大和路線 郡山駅より、タクシーで25分
【お車をご利用の方】
第二阪奈道路「中町IC」より15分
西名阪自動車道「大和まほろばスマートIC」より15分

↑