BRAND STORY 

miru.
「人馬一體」という言葉 「駅」、「脚」、「駿」...数々の馬偏を 含む漢字の存在 馬と共に歩んできた日本の歴史 ロゴのモデルは在来馬 この在来馬はじっと何かを見ている 人馬にとって優しい馬具とはなにか たどり着いたのは縄文嬉しの「鹿革」を使うこと それは決して新しいものではなく 私たち日本人の伝統的な技がつまったもの 自然の循環が生み出したもの 先人たちの知恵から生まれた馬具メーカー "miru."

↑